読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヱキセントリック少年少女

はにかみ屋のシティガール

全部蛇足な≠カリガリ語り≠

昨日は無事、Mちゃんうたちゃんと会えてうれしかったよ^ω^
本当はもっとずっと喋っていたかったのだけど、ね。
まあ来年になったら思い切り遊ぼう!ライヴ行こう、コミケ行こう!!と`・ω・´
もうすぐ二十歳になっちまうよ、こんなザマで大人になって良いのかと笑


さて。
昨日はcali≠gariさんのDVD-BOXを一通り観終えて、
そのままのテンションで40分くらいかけて感想をしたためたんですがね。
消えましたよ、っと^ω^


なんか・・・『エントリーが正常に投稿されませんでした』とか言って・・・
石井さんの声質の変化についてあんなに長々考察したのに・・・
青さんの、GAGA様と見紛うような巨大おかっぱ頭の青江さんパフォーマンスの
素晴らしさについて熱く語ったのに・・・
相変わらずの安定感を誇るリズム隊についてうっとうしいほどの賛辞を書き綴ったのに・・・
消えるなんてどういうことなの・・・


・・・もういいです´д`


要するに
武道館、観たかったなぁ・・・って思いました´;ω;`それに尽きる!!


受験真っ最中だったんですよね・・・。むしろ当日も試験だったという。
なんか、ここで行ってしまったら負けな気がしたんだ。
湯島天神のご利益とかもろもろが水の泡に帰す気がしたんだ・・・!
湯島天神{大学なめんなよ、落としてやんよ^ω^ みたいな!!
まあ、実際はあきらめきれずにグッズだけ買いに行ったんですけどね。(往生際悪)
リハの音漏れが聴こえてて泣きそうになりながら帰りました・・・。
そしてその2ヵ月後に入学式のために武道館リベンジしたという´v`
ほろ苦い思い出です。


でも百聞は一見にしかずだよなぁ。もっと、DVDに収録されてないMCとかも
聞きたかったし。どれだけレポ読んでもそう思う。
唯一、DVD化しなかったAXのライヴに行けたのは嬉しかったけど!^^
青さんの誕生日をみんなで祝えたし。石井さんの昇天ペガサスMIX盛りも拝めたし。
研次郎さんの指遣いに目が釘付けでした。誠さんは!・・・よくみえなかったorz
以前、検索して出てくる限りの過去ライブ(活休前のも)レポを読んだのですが、皆さん「まっこはよくみえなかった・・・」と書いてますよねwww
奥にいるからだなぁ・・・。
いやぁ、しかし凄く凄くたのしかったです・・・!
もう生きてる間には見れないと思っていた。ほんの1回だけでも奇跡だわ。


冬には、石井さんのXA-VATのワンマンがありますね。行こうか、どうしようか。なんか緊張するな、一人だと。。。
友達ほしいっす。音楽の趣味合うリア友とか希少すぎてもう・・・。


ここからさらなる蛇足。
投稿できなかった石井さんの声の変化の考察からちょっと。
要点を言えば、活休前より復活後は声が低くなってちょっと歌い方が変わっていて、
昔の素直な歌い方のほうが確かに冷たい雨とかグッドバイとかキーが高くて聴かせる系の曲に合っていてよかったけども、今の歌い方は今の石井さんの作る歌に合っているしさらに巧くなったということなんじゃないかな、ということ。
石井さんがわざと変えてるのか単に経年変化の結果なのかはちょっと解らないけども。でも、『休』と『解体』見比べるとあきらかに後者のほうが巧い・・・と思う。
昔の高くて澄みきった少年のような声も大好きでしたけどもね。
まあそれは、今を生きる石井さんに言わせれば、ファンがおのおの勝手に余韻に浸ってくださいよ、ということかもしれませんが笑


で、昨日は石井さんの前バンドのさくらん『フロート』まで引っ張り出していたんですwww振り返りすぎだよ!石井さん十代・・・15年くらい前だぜ・・・
いやもうほんと、cali≠gari入ってからの変化がどうの、って以前に石井さん本当に引き出し多いなぁ・・・と感心します・・・。『さくらん』はまさかの(当時の)コテヴィだし(まるでh●deのような歌い方・・・wwwリアル『ムーンライト白昼夢』時代www)、かと思ったら『フロート』では「なにがあったwww」って思うくらいのピュアッピュアなカフェミュージックみたいになってるし・・・(石井さんが「僕はカメラにピースマーク♪」ですよwww)


しかもおそろしいことに、どっちも作詞:石井秀仁なんですよね・・・。


もうほんとうに、おもしろすぎるぜこの人・・・。シビれます、アコガレます。
青さんの才能も石井さんの才能も本当尊敬する。


・・・ええと、本当に基本cali≠gariに興味ある人以外どーでもいい話ばっか書いて
しまいましたが、


もしここまでの固有名詞がいっさい解らなかった人がいらっしゃいましたら、全部読み飛ばして下にあげた三つの動画だけぜひご覧ください。
※すべて同一人物による歌唱および作詞です。


人ってここまで変容できるのですね。
・・・ていうか、tenomはフロートが大好きです!!CDほしい!!ぱっぱどぅわ、ぱっぱっぱどぅーわ♪




一、さくらん時代

二、フロート時代

三、現在