読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヱキセントリック少年少女

はにかみ屋のシティガール

つけめんいくか、なあいけめん。

明日ゼミ発表でそわそわするし舌炎が痛いし『李歐』が凄くいいシーンに差し掛かって(まだ読んでる)胸がぐあああああっとなっています。なんだこのテンション。ああなんだこのテンション!!

でも今日うたちゃんと電話で話せてよかった。スイーツこわいね。。。でも個人的に一番こわいのはサブカルちゃんかと思って話しかけたらスイーツちゃんだったパターンである。あ、あれーーー!?(((^-^)))でも私も大概です。髪赤くてアイラインガッツリで口紅真っ赤なのにおそろしく人見知りで暗いという手の付けようがねぇ駄目さです。普通そういう身なりしてるんだったらサバサバしててほしいところですよね。可愛いのにサバサバしてる子って偶にいますけれど羨ましいですね。派手なのに卑屈な奴って…orzいやそもそもが過剰に装飾的になるところ自体が根源的にコンプレックスの裏返しというか(ry
なんか本当に人との距離のつかみ方がわかんないや。はあ…。


ああ、やっぱ男の子ってきらいだぜ(気持ち悪いこと言ってすみません)。いや、やるさ。やるとも。カフカが好きだから!


「つけめんいくか、なあいけめん」はヤマシタトモコさんの漫画

Yes it’s me (MARBLE COMICS)

Yes it’s me (MARBLE COMICS)

に出てくるセリフです。フキダシの外に手書きで書いてあるセリフなのに面白くて吹いた。