読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヱキセントリック少年少女

はにかみ屋のシティガール

アイラブ、トーキョー。ドモアリガト、ミスターロボット。


今日も暑くてやる気とかどっか行きましたよね、みなさん。
熱すぎてもうお昼ご飯とかカルピスですよね。
紙コップに自動で注いでくれるやつ、あるじゃないですか。
あれ昔からすきでね。カチワリ氷をぼりぼり食べてしまうよね。
しかし無論、氷食べ過ぎるとお腹壊しますから気をつけましょうね。若い女の子ってなんでもかんでも凍らせて食べるよね。なんででしょうね。若さって奴ですかね。


大学に行ったら、お友だちが私の見てないアニメとそのフィギュアの話で大盛り上がりで私はそれをよそに「気持ちわりぃわーもう無理だわーーうええええ」(※体調的な意味で)と思いながら斜め下をみながら歩いていたら、なんかぶすっとして黙っているのだと思われたみたいで、「tenomちゃんのわからない話してごめん・・・(´・ω・`)」とショボーンとされちゃったんだけど、「お気遣いありがとう。でも、私はもう私の気持ち悪さだけで精一杯だから好きな話をしていて良いのだよ」と強く思いました。というか本当みんな自分の好きな話すればいいのだよね。みんな自分の好きな話して相手の好きな話は適度に聞き流せばいいと思うよ。そうすればみんなしあわせだよきっと。それで地球は回っていくよきっと。


もう化粧とかしても流れていくし、汗かくからじゃぶじゃぶ洗える素材のワンピースしか着たくないよね。夏嫌いだよもう。愛なんていらねぇよもう。


いまゼミ誌の小説手書きしたのをPCの原稿用紙モードでせっせと打ち直しているのですが、ワードさんのゲンコウウィザードというの、なんかいっつも上手く扱えないんだけどどうすればいい。すぐフリーズするんだけど。というかPCが熱いよ。アツアツだよ。放熱板みたいなのが欲しいよ。なあ、もっとクールにいこうぜ、パソ子ちゃんよ。


今回の小説のイメージソングはCCRの「雨を見たかい」です。
私の小説なんてトーシロの駄作なので、読みながらこんな名曲をイメージして貰ったところで荷が勝ちすぎる感じなのですが、いい曲なことは間違いないですね。サザンの桑田さんの弾き語りver.もすごくいいんですよ。べつにギター弾けるようになりたいとかは思わないんだけど(テルミンなら演奏してみたいね)、ピアノでも何でも弾き語りできる人ってかっこいいですよね。ちょっと弾いてあげましょうか、みたいなね。ひゅーひゅーですよ。


なんか今日は寝癖がついて髪がぼっさぼさです。すごいハネてるしどうしたことか。コテ?アイロン?が欲しいですね。暑すぎてまた極端な刈上げだとかのエッジィな髪型にしたくなります。刈上げの部分だけ染めてる人いるけどあれカッコいいよね。しかし切るのは一瞬だが伸びるのは時間が要るので、それなりに我慢しようかと思います。


ガガさまのファッションすげーと思うし好きなんだけど、石井さんの衣装の方が派手なことがままあるよねと思った。
明日、ガガの真似してアイラインひいたところにハート書こうかなと思ったけどやっぱ「なに目のとこにラクガキしてんの、このひと?」ってなるか。